介護脱毛ってどこまでやればいいのでしょうか?

 

NHKで放送されてから急速に広まった「介護脱毛」

 

将来寝たきりになった時にしもの世話をしてもらう場合に関係してきます。

 

実際に介護をしたことがある人ならわかるのがアンダーのムダ毛全部剃りたい!です。

 

「おむつを替えるときとかお尻を拭くときにムダ毛があるから不衛生だし大変

 

「赤ちゃんのようにアンダーヘアが全くなければすごく助かるのに・・・」

 

確かにアンダーヘアってなんであるのかな?
そんな疑問を持ちつつひそかに剃っちゃおうかな〜なんて思っている介護者も少なくない売ようです。

 

そんな大変な思いをしながら介護している女性は

 

「自分の時にはこんな苦労を掛けたくない!」

 

と考えて今急速に介護脱毛への意識が高まっています。

 

このように、介護脱毛は主にアンダーヘアの脱毛です。

 

アンダーヘアの脱毛は
・Vライン

・I(アイ)ライン

・Oゾーン

以上に分かれます。

 

介護脱毛で絶対に外せないのが IラインとOゾーンでしょう。
Vラインは衛生面ではやはりなくしたほうがいいですね。

 

このように考えると気軽に介護脱毛といっても「一番恥ずかしい部分」を脱毛しなくてはいけないので脱毛に慣れている人でもかなりの勇気が必要になります。

 

でも・・・

 

実際にアンダーヘアの脱毛をした人は

 

「恥ずかしいのは最初の1〜2回。すぐに慣れる」とのことです。

 

介護脱毛でどこまで脱毛したらいいのか?

 

それはVIO脱毛全てと思うといいですね。

 

アンダーヘアすべてとかハイジニーナ脱毛とも呼ばれています。

 

 

ではどこで介護脱毛をするといいのでしょうか?

 

ミュゼプラチナム 100円で介護脱毛
介護脱毛専門 プリート