介護脱毛 NHKシブ5時「認知症への備え」で特集

介護脱毛が一躍有名になったのが2019年2月18日放送のNHKのシブ5時の認知症への備えで特集されてからです。

 

実際に介護をしている女性がお父さんのおむつケアをしているときに

 

「ムダ毛があって本当に大変」

 

と本音をもらしたことから

 

「アンダーヘアを無くしたほうが介護者に負担をかけなくて良い」

 

このように広く知れ渡ることになりました。

 

 

Yahooニュースでも産婦人科の女医が語るとして

 

10年前はアンダーヘアの処理といえば自分でショーツからはみ出るくらいを剃っているくらいの人がほとんどでした。

 

でも、今は脱毛エステで「ハイジニーナ脱毛」が普及した来たことでアンダーがツルツルの人も増えつつあります。

 

地域差もあるようで都内で開業した産婦人科医は地方と比べてアンダーヘアの処理率が高すぎてびっくりしたと話しているそうです。

 

この話題に多くの人が関心を持ったみたいですね。

 

  • 本当に介護脱毛のためにアンダーヘアをきれいにしている人が多いの?
  • 介護脱毛は必要と思った
  • 介護脱毛はいらないんじゃない?
  • おばあさんになってアンダーがツルツルって恥ずかしい
  • 介護されるときにツルツルに脱毛しておくのはマナーとしていいと思う

 

など友人の中でも賛否両論です。

 

アンダーヘアを全く無くさなくても、自分でムダ毛が濃いなって思っている人は減らすだけでもかなり衛生面でいいそうです。

 

介護脱毛だけではなく実際にハイジニーナ脱毛を終えた人は満足度が高くて

 

  • 生理中の不快感が全く違います
  • 夏汗をかいても蒸れないからうれしい
  • アンダーの匂いが気になっていたけれど安心
  • 水着を着るときにも心配がない

 

などいいことがたくさんのようですね。

 

デメリットとして下記を上げる人もいます。

  • 温泉に行ったときにツルツルだと恥ずかしい
  • 彼が理解してくれない
  • 遊び人と思われそう

 

しかし、デメリットよりもメリットを感じる人が多いことから「脱毛エステでの恥ずかしさ」を乗り越えればかなりの快適さが手に入れられるようですね。

 

100円でデリケートゾーンの脱毛ができるのは「ミュゼプラチナム」です。
VIOまるごとプラス《年間パスポート》100円!

 

 

デリケートゾーン専門エステのプリートは料金が高めですが安心感がありますね。

 

VIO専門店のプリート